ただより高いものはねえ!って言いますがね、そうでもないですね、現代。つうことで最近ポチポチと掘っていたフリーで使える良さげなVST,VSTiプラグインのご紹介でやんす。

Camel Audio / Alchemy Player

alchemyplayer-s
そういやあコレリーダーがi-padにぶちこんで使ってるんだけど。Alchemyは最近発売されたシンセとしては結構斬新なシンセでして、ウェーブテーブル式っていうか波形を二種類読み取ってこいつらをモーフィングしたり出来るんだぜ!っていう結構現代的なシンセサイザーであります。Sfzの読み取りもできるっぽい。

いかんせん、こいつが無料で使えてしまうとか、Camel Audio万歳すぎてやべえ。まあ地味に4週間しか機能フルで使えず、それ以降は機能制限がかかるそう。機能制限後は音色の編集ができねえのかな?ちょっと解んない。プリセット沢山入ってっから別にそれなら大丈夫かもねえ。もちろん製品版があるので品質は折り紙つきである。

てか多分コイツ流行ってますよー。俺の好みじゃないけど。ハイテク過ぎて。ポンコツなムードの無骨なVCOのうなりを感じたいんだぜ俺は!!あと操作難しいの嫌い!!

なんかとてもエレクトロニカとか現代的な音楽にはマッチする音って感じっすね。

ダウンロードはこっから
ちなみにユーザー登録しないといけない。サイト右上にひっそりとした佇まいで「DownLoad」のボタンがいます。

u-he Zebra 2

uhe_zebra25
ドイツのシンセ。こちらも非常に評価が高い様ですねえ。ちなみに操作が非常に煩雑そうで心折れそうなのでインストールすらしていないという体たらくですが、YouTubeとかで動画見てる限りは非常に良さげですねえ。近々入れてレビューすっかな。

ダウンロードはこちら

Ample Guitar M Lite

pro-agml01
制限版ですが、指弾きのアコギ音源が無料。ストロークとかは使えないですが、コイツデモ動画やデモ音源聞いたらすげえクオリティじゃん。まじで一瞬買いそうになったあぶねえ。スタイルによりけりだけどもなんてーかアルペジオのフレーズ主体で曲作るなら全然困らんでしょうねえ。

デモはこちら
ダウンロードはこっち

Stillwell Audio / MajorTom

PPage-pic-MT
商業利用ライセンスは有料になりますので注意が必要ですが、取りあえず制限無しで無料で使えるナイスガイ。コイツアレっすよ。DBX160の無印のプラグインですね。中々ナイスです。やっぱ808や909系のキックにはDBX160系のコンプ使うと良いんだぜ?って事でプラグイン掘ってたら発見。

ちなみにStillwell Audioの他のプラグインはEQだとNEVEのクローンなんてあってこちらも中々良さげです。フリーのは品質的に?ってのが多いですがね、やっぱ商用ライセンス有りの基本有料版なんで音質は問題ないっすね。

ついでにキックのサウンドメイキング方法としてこんな動画がYouTubeにあった。TubeTechのEQと組合して、生系も打ち込み系もこういうキックのサウンドメイキング出来るんだぜ、的な。

ほうほう。EQはSoftubeの奴っすね。


なんてーかDAW創世記から打ち込みやってますがねえ、最近のフリー物はマジで夢有りすぎてヤバい。なんていうか機能制限はあったりするけど、実用上問題無いレベルの物も沢山あるし。昔に比べてメーカーの企業努力に世界のクリエイターは甘やかされまくりですね。

こんなに色々とおもろいフリーのがあるのだから、今度一回全部フリーVST・VSTi縛りで一曲作ってみっかな。ホストアプリはCubase使うけどさ。多分Waves無いと死ぬるけどね。

まあそんなこんなでまた面白そうな物見つけたらポチポチと貼って行こうと思います。したっけまたね! (Text by 佐々木)