ただより高いものはねえ!ってえのは一昔前の話であって現代、すなわちなうにおいては色んなナイスなものが無料で使える訳でございます。今回はこれからDTMを始めよう、もしくはもうはじめちゃったけどどうしよう全然うまくいかねえ、ってそんな人たちの暇つぶしになればという事で無料で利用出来てかつクオリティが高かったり面白かったりしたVSTプラグインとかVSTiを紹介します。ちなみに相当個人的な趣味ですので一般的な人気とは全然関係無い可能性が非常に高いっす。

プラグイン編

the fish fillets(ダイナミクス)

blockfish
これは完全に無料で利用できるプラグインセットですが、確か開発したのが確かMAGIXにいた人だかなんだかだったような気がします。シェアはイマイチですがMAGIX社のSamplitubeとか他のDAWより音質良いっていいましたねえ。最近は解りませんが。ぶっちゃけ購入したプラグインの方がいいので自分はそこまで使いませんが無料の物としてダイナミクス系ではかなり上等な部類です。あとGUIも可愛い。ここ重要です。

一応コンプ・ディエッサー・ゲートの三点セット。普段ディエッサーもゲートも自分はほとんど使いませんので使用感はコンプ(BLOCKFISH )しかなんとも言えないのですが、サーチュレーションなんかの設定もいじれて割とアナログ的なハード機っぽさを狙うにはなかなかナイスなコンプでしたよBLOCKFISH 。お勧め。

ダウンロードはここから

Ohm Force / Frohmage(フィルター)

ダウンロード
OhmForceっていうとシェアウェアで昔っから販売されているディレイ「OhmBoyz」なんてのがダビーでクレイジーで有名な気がします。なんかここのメーカーのはお上品さとか一切無くてバカでお下劣でファットなかかりのプラグインが多いような気がします。GUIのデザインのおバカさとか未だにここに勝るメーカーはありません。最高です。

そのOhmForceが無料で配布しているFrohmageですが、機能的には非常にシンプルなフィルターです。ハイパス・ローパスがついていてレゾナンスがついてて、揚句アナログ機っぽい歪を付加できるっていう結構男気のあるフィルターです。音はぶっといです。

基本的にこのメーカーのプラグインはかっこいい音がします。いい音じゃなくてかっこいい音。このプラグインはたまに使うのですがこのクオリティが無料って凄い嬉しいです。90’sのヒップホップとかハウスとかのなんかかなりフィルターに依存した質感作りにかなり役立ちます。まあ上ネタに使ってもよし、リズム隊につかってもよし、パーカッショントラックなんかにつかっても雰囲気あり。

ダウンロードはここから

インストゥルメント編

XLN AUDIO / AddictiveDrums

addictive_drums
これは普通に製品なんですが、お金払わなくてもDEMO版が無期限利用可能です。1つのバスドラム、1つのスネア、1つのハイハット、1つのクラッシュシンバルしかキットが使えないという制限つきですが、ぶっちゃけあまりお金をかけたくないユーザーに、かなり高音質でリアルなドラム音源を追加する方法としてかなりおすすめです。太っ腹です。

他にもこういった大きなサイズのリアルなドラム音源ってたくさんあるんですが、AddictiveDrumsは抜けが良くてロックなんかに使いやすいアグレッシブなサウンドが特徴です。あとMIXに混ぜやすいとか単体で音作りしなくてもパッと綺麗に鳴ってくれるというメリットが。これ、とても、おススメ!

ダウンロードはここから

SYNTH1

synth1
最近はそうでもないですが一世を風靡したシンセサイザー「NordLead」をプラグインとして再現したソフトシンセ。しかもメイドインジャパンです!音質もなかなかですし音作りの幅もあってこれが無料っていうのは相当ナイスです。ちなみにDTM界でこれ使ってる人は相当多いはずっていう人気シンセ。

ダウンロードはここから

TAL U-NO-62

u-no-62
ROLANDのアナログシンセ、てか正確にはDCOなんでアナログシンセじゃないんですが、かの有名なJUNOシリーズのJUNO60 をVSTiとして利用できるのがこちら。ぶっちゃけ実機いじったことあるんですが無料の物としては満足なくらい似てる。特にJUNOシリーズは搭載されていたコーラスなんかが音作りの肝だったりするんですがコーラスの再現度もナイス。

実機のJUNO60ってJUNO106より音太かったりいい事あるんですが、MIDIで動かないんす。これはMIDIで動くってだけで結構感動があるんじゃないかと思いますね。GJ。

ダウンロードはここから


まあこんな感じでちょっとづつプラグインとかインストゥルメントとか紹介していこうかなーと。フリーの物でも素晴らしい物はありますが、やはり有償の物と比べると音質的に劣ったりすることがありますが、大抵販売しているメーカーが無料で利用できるようにしてるよーな製品って言うのは割とクオリティが高い気がします。完全に無償の物ばかり作っているところは結構ゴミみたいのも沢山ありますがね。

まあ正解がない世界ですし無料ですのでインストールしまくってみればいいんです。気に入らなきゃ消してしまえばいいんです。まあ買ったのが有ると取り返したくて買ったほーばかり使うようになるってのも人間の性ですがね。

プラグインは音質悪かったり、VSTiはイマイチMIX混ぜづらかったり音が引っ込んでたりと中々おくゆかしいフリーVSTの世界ですが、中にはとってもラブリーな奴もいるので探してみる価値ありですよ!