46254356_p0_master1200
2014/9/29にUP致しました「バラバラバーズ」ですが、なんとKITOTAN初の再生数1万越えですとか、日刊VOCALOIDランキングにてなんと一位だったとか、週刊VOCALOIDランキングで20位に入ってたとか、色々と衝撃的な結果でした。毎度驚かされますが今回は特に衝撃的。


曲作り

実はコレ、ちょうど去年の今頃にスケッチでコード進行だけザクザク作って、前作の「初音ミクの発熱」リリース時には曲が全部出来ておりました。実はですね、当時初音ミクの発熱ではなくこちらをリリースする予定だったんです。しかしなんかPVとか絵に対するアプローチが迷走していたため、しばらく寝かすことに。

まあどう作ったかといいますと、ギターでコード進行をざっくり作って、丁度EDMブームだったリーダーに向けてかどうかは知りませんが、コードをSylenth1で打ち込み。最初実はEDMにしよーと思ってたのですが、シンセで8分音符を打っていた瞬間、NewOrderですとか、CCBですとか、ドラゴンボールのED、ロマンチックあげるよなどが私佐々木の脳裏に浮かびました。

よし、EDMはあんま得意じゃないし、コレニューウウェーブとか80’sのポップスみたいにするしかねえじゃん、ってなりました。

ギター入れるかどーか悩んだんですが、佐々木的PDCAサイクル的に「若者に耳なじみの有る音が入ってたほーがいいんじゃないだろうか」というのがありまして、ギター追加です。

当時はまだストラト買ってませんでしたので、ジャズマスターひきながらジャズマスターなんか違う、なんて思いつつも、普段は絶対に使わないAmplitudeのMESABOOGIEのモデリングなんか立ち上げて、80’sのJ-POPたるべくコーラスをかけたりなんかしました。

ドラムも最初はスッポコスッポコと808系のリズムマシーンサウンドでしたが、生ドラムに差し替えました。コレも上記と同じ理由で、「きっと若者は生ドラムの音の方がくるんじゃないだろうか」というかですね、自分が中高生だったころ、ダンスミュージックなんて聞いてなかったし、やはりロック要素必要、という気がずっとしていたのです。

リーダーにドラムの打ち込みとかフィルインとかをお願いし、展開とかも多少いじってもらってオケ完成。地味に前作の初音ミクの発熱を作りながら二人して同時にこーいう作業もしておりました。

あと出来上がったあとにイントロ付けました。PSGの「寝れない」のイントロに相当インスパイアされてます。

歌詞かいたった

ギターで作る曲の場合、歌メロは大体鼻歌歌ってすぐに出来ているので、歌詞を書かなければなりません。大体いっつも歌詞は2時間以内で書く!つうことでぽちぽちと書き始めました。

私佐々木、いつもリーダーと活動について話合うときに熱く語っているのですが、リーダーはなにやらiPhoneをぽちぽちと触りだしたりですね、曲作り中に彼女とスカイプ始めてラブラブしたりしはじめますので、そういう時の超個人的な感情を歌詞にこめ、それを相当可愛らしく美化したなんてこと、リーダーには秘密です。

あと別に俺リーダーに抱きしめて欲しいなんて思ったこと一度もありません。あくまでフィクションです。まあしかし、音楽性も好みも性格もバラバラな俺たち。でも頑張って仲良く音楽作ろうぜ!とかは思ってるんだからね!?

サウンドメイキング!!

今回は実はリサイクルショップでゲットしてきた、真空管マイクプリ(3000円)と、Mackieの初代1202をかなり使ってます。まあどういう使い方かっていいますとですね、全パートをイチイチケーブルで外に出し、マイクプリとかミキサーを通してソレをDAWに戻すっていう作業ですね。

やはりデジタルのみでミックスしますと、ハイファイでディティールが細かくて宜しいのですが、どうもおじさんの耳にはギラギラしすぎてて聞き疲れしてしまいます。あと単純に機材ゲットしたから超使ってみたい、って事でとにかく通しまくるべ、って感じだったともいえます。

プラグインは大体いつものセットを使っておりますが、本ブログでも以前紹介した新兵器「FGX」がマスタリング時に大活躍でございました。でもあんまり音圧上がらなかったなあ。特にドラムがネックでした。

ああいうピーキーなスネアのピーク処理は難しいので、今度からはむったんにお願い(押し付け)してみようとか思ったっていうのはむったんには秘密です。


ああ、なんだか相当中身の無いことばかり書いてしまいました。久々に曲をUPして思ったのはやっぱ音楽っておもしれえって事ですね!

お前の曲作りの話なんて面白くねえよ!って声が聞こえてきそうですが、リリース後は毎回コレかいてますので許してね。

さて、次回作は今年中にリリースするつもりでございます。珍しく作詞作曲:佐々木、アレンジ:リーダーという、なんだかいつもと逆なパターンで行く予定です。

最後に再生ボタンを押してくれた人、マイリス登録してくれた人、コメント残してくれた人、ついったーで拡散してくれた人、素敵なイラストを書いてくれた麻野マノ先生、そしてリーダーとむったんにでっかい感謝を!!

(Text by 佐々木)